世界樹の迷宮2 RTA 3時間04分02秒 レポート                 作成者:エトワール


 
1.はじめに

2014年7月12日に、世界樹の迷宮2を実時間において3時間04分02秒でクリアしました。
以下にその戦略を示していきたいと思います。
  


 
2.プレイ条件&プレイ環境


【プレイ条件】
・予め「DATA INITIALIZE」を選択しておき、データを完全に初期化した状態からプレイを開始するようにする
・ボススルー技使用禁止 (ボスを消して次の階層に進むバグ技使用禁止)


【プレイ環境】
・使用本体は3DS (3DSでの操作に慣れてしまっていたため、DSではなく3DSを使用)
・使用ソフトはDSの通常版
 


 
3.ラップタイム

 3DSホームメニューからゲーム開始  0:00:00
 キマイラ撃破  0:27:20
 炎の魔人撃破  0:55:21
 エスバット撃破  1:38:04
 スキュレー撃破  1:54:15
 ハルピュイア撃破  2:20:44
 ジャガーノート撃破  2:36:46
 オーバーロード第1形態撃破  2:52:10
 オーバーロード第2形態撃破  2:58:13
 クリアデータをセーブしますか?  3:04:02

 


 
4.戦略の概要

・スキュレーまでのボスはフォースを溜めてから挑み、「完全防御+超核熱の術式×3」で速攻倒すようにする

・ハルピュイア以降のボスはフォースを溜めず普通に挑み、「鬼力化+核熱の術式×3」で速攻倒すようにする

・ザコ戦について。道中のザコはレンジャーの「警戒歩行」でシャットアウトしつつ進めるようにする。ただし第1階層では「警戒歩行」のレベルを3までしか上げられないため結構エンカしてしまうが、「中断セーブ+全力逃走」で無かったことにできるので襲い掛かりさえ無ければ無事故で突破できる。仮に襲い掛かられてしまったとしても1回程度なら「ネクタル」でリカバリ可能。敵の行動次第では3回以上襲い掛かられても生存できることがあるため、突破率は結構高い

・レベル上げについて。世界樹2は階層ボスの経験値が圧倒的に高いため、ボスを倒してレベルを上げるようにする

・金策について。上記の戦術で戦う関係上、武器や防具等を殆ど揃えなくていいためお金に困ることは少ない。また、中盤以降はスキュレーを2ターンで倒せるので30000エンで売れるレアドロップも手に入る。そのため金策に関しては殆ど考えなくてよい
 


 
5.使用メンバー

全部で13人作成して使用する。メイン6人、サブ7人。
ここではそれぞれの役割について簡単に説明していきたいと思う。


【メインメンバー】
★レンジャー「あ」
・最初から最後まで活躍するパーティのリーダー
・「警戒歩行」でザコとのエンカウントをシャットアウトする
・「アザーズステップ」で味方の補佐を行う
・素早さが高いため、先制でアイテムを使用できる


★パラディン「い」
・スキュレー撃破まで活躍するパーティの盾
・ボス戦ではフォーススキル「完全防御」を使用して、相手の攻撃を無効化する
・「全力逃走」でザコから100%逃げられるようにする
・採掘要員としても活躍。主に「柘榴石」1個(「知恵のピアス」)を採掘する際に必要


★アルケミスト3人「うえお」
・最初から最後まで活躍する火力担当トリオ
・序盤はフォーススキルの「超核熱の術式」でボスを吹っ飛ばす
・中盤以降は通常スキルの「核熱の術式」でボスを吹っ飛ばす


★ドクトルマグス「か」
・ハルピュイア戦以降、パラディン「い」の意志を引き継いで戦闘に参加する戦場の天使
・「エリアヒール」でボスから受けたダメージを回復する
・「鬼力化」でアルケミストの火力を高める


【サブメンバー】
★パラディン「き」
・第1階層探索時。パラディン「い」の「全力逃走」だけでは心許ないので、このパラディン「き」にも「全力逃走」を習得させて安定度を上げる
・採掘要員としても活躍


★ソードマン「く」
・4Fの宝箱から「レザーアーマー」を回収するには、ソードマンの存在が必要となってくるため作成
・採掘要員としても活躍


★ブシドー「け」
・採掘要員として活躍。役目はこれだけなのでソードマンでも良さそうだが、ブシドーの方がLUCが1高いためこちらを採用している


★メディック「こ」
・「博識」を習得させて、敵からのドロップ率を上げる。主に終盤の防具・物資を集める際に重宝


★バード3人「さしす」
・採取要員として作成。主に「水仙人掌」6個(「耐壊ミスト3個+耐斬ミスト3個」)を採取する際に必要
・また、その後バード「さ」は休養させて「全てへの子守唄」を習得させる。これで19Fと25FのFOEを避けれるようになる
 


 
 6.レべリングについての考察

この項目ではレベリングの考察をしていく。
なお、赤字で表記されている部分は、稼ぎ内容を表す。


★第1階層
・キマイラはフォーススキルを使えば全員Lv1のままでも確定で倒せる。そのため全員Lv1のままキマイラに挑むことに
・ちなみにフォースは5Fで「キューブゼラチン+マイマイダイオウ」の編成を引けば、Lv1のままでも安定して溜めることができる
・キマイラ撃破後、全員のLvが7になる


★第2階層
・現時点で全員のLvは7
・このままでも炎の魔人はフォーススキルを使えば乱数次第で撃破可能なのだが、後のスキュレー戦のことも考えるとここでキマイラを狩ってレベルを上げた方がいいという調査結果が出たため、ここでキマイラを狩ることにした(ここのキマイラ狩りをカットすると、スキュレー挑戦Lvが21になってしまい火力が足りなくなってしまう)
5Fでフォースを溜めてキマイラを撃破。全員のLvが10になる
・全員Lv10なら炎の魔人は確定で倒せるようになる。炎の魔人撃破後、全員のLvが14になる


★第3階層
・現時点で全員のLvは14
・このままでもエスバットはフォーススキルを使えば乱数次第で撃破可能なのだが、後のスキュレーに対しては全く火力が足りないためここでレベルを上げることにした
・稼ぎ方法は、「6Fでフォースを溜めて炎の魔人を倒す→6Fでフォースを溜めて炎の魔人を倒す」。これで全員のLvが19になる
・全員Lv19ならエスバットは確定で倒せるようになる。エスバット撃破後、全員のLvが22になる
・全員Lv22ならスキュレーは確定で倒せるようになる。スキュレー撃破後、全員のLvが24になる


★第4階層
・現時点で全員のLvは24
・ここでアルケミストの「核熱の術式」が完成したため、フォースを溜めずともボスを狩ることができるようになった。そろそろドクトルマグスの育成も開始したいし、ハルピュイア戦では「鬼力化」も使いたいのでここでレベルを上げることに
・稼ぎ方法は、「炎の魔人とスキュレーを倒す」。これでドクトルマグス以外のLvが28前後に、ドクトルマグスのLvが16になる
・この状態ならハルピュイアを「鬼力化核熱の術式2発+核熱の術式1発」で倒せるため安定
・ハルピュイア撃破後、ドクトルマグス以外のLvが30、ドクトルマグスのLvが22になる


★第5階層
・現時点でドクトルマグス以外のLvが30、ドクトルマグスのLvが22
・このままでもジャガーノートは突破できるだろうが、後に控えているオーバーロードの攻撃には耐えられないためここでレベルを上げることに
・稼ぎ方法は、「炎の魔人とスキュレーとハルピュイアを倒す→ハルピュイアのみ倒す。これでドクトルマグス以外のLvが36、ドクトルマグスのLvが31になる
・この状態でジャガーノートを全員生存で倒すと、ドクトルマグス以外のLvが39前後に、ドクトルマグスのLvが34になる。これが最終レベルとなる
・なお、上記赤字の下線部で書かれた部分をカットすると、オーバーロード2の「産まれ出づる悩み」をドクトルマグスがHP全快でも耐えない可能性があるため安定しない。他に何か装備を用意できれば耐えるかもしれないが、他の装備を用意するくらいならレベルを上げてレンジャーのHPやアルケミストのTP等を補強した方が安定するため、ここはハルピュイアを倒すことにした


【補足】
・第4階層までのボスは戦術上確実に全員生存で突破できるが、ジャガーノートだけは全員生存で撃破できるとは限らない
・ジャガーノート戦をレンジャーorドクトルマグス乙で突破してしまった場合は、レベルが上がらなかった関係上オーバーロードの攻撃に耐えられなくなったり、「エリアヒール」習得のためのSPが足りなくなったりしてしまうため、この場合はスキュレーを余分に狩ってレベルを上げるようにする
・なお、この場合はスキュレーを4人で狩りに行った方がいい。こうすると獲得経験値が5000増えるため、レンジャーとドクトルマグスのLvが1余分に上がるので安定度が上がる
 


 
7.各ボス簡易戦術

★キマイラ(レ1、パ1、ア1、ア1、ア1)
予めフォースを溜めておき、「完全防御+超核熱の術式×3」で1ターン撃破。



★炎の魔人(レ10、パ10、ア10、ア10、ア10)
予めフォースを溜めておき、「完全防御+超核熱の術式×3」で1ターン撃破。



★エスバット(レ19、パ19、ア19、ア19、ア19)
予めフォースを溜めておき、「完全防御+超核熱の術式×3」で1ターン撃破。



★スキュレー(レ22、パ22、ア22、ア22、ア22)
※2ターンで倒す
※予めフォースを溜めておく
※「超核熱の術式」は攻撃速度が速いため2ターン目に温存する
※スキュレーの「子守唄」は攻撃速度が速く、「超核熱の術式」が乱数次第で先制されてしまうようだったので、アルケミスト1とアルケミスト2には「脱兎のお守り」を装備させて素早さを上げている。アルケミスト3は火力を重視して「知恵のピアス」装備のままだが、レンジャーが「アザーズステップ」でフォローするため先制される心配は無い

1ターン目は前から順番に、「アルケミスト3にブレイバント+完全防御+核熱の術式×3」と行動。
2ターン目は前から順番に、「アルケミスト3にアザーズステップ+防御+超核熱の術式×3」と行動させて撃破。



★ハルピュイア(レ28、ド16、ア27、ア28、ア28)
※2ターンで倒す
※開幕の混乱さえ何とかできれば簡単に倒せるため、状況再現を用いて倒すことにした。ちなみに成功率は80%くらい
※パターンとしては、「アルケミスト1とアルケミスト3の2人だけが混乱する」という流れ
※「鬼力化核熱の術式2発+核熱の術式1発」で撃破可能

1ターン目は前から順番に、「アルケミスト1にアザーズステップ+アルケミスト2に鬼力化+核熱の術式×3」と行動。
2ターン目は前から順番に、「アルケミスト2にアザーズステップ+防御+混乱して動けず+核熱の術式+混乱して動けず」と行動させて撃破。



★ジャガーノート(レ36、ド31、ア36、ア36、ア36)
※3〜4ターンで倒す
※全員に「壊撃の守り」3個を装備させているため、「巨角の一撃」以外の攻撃はほぼ全て耐える
※「巨角の一撃」が飛んできた場合は「ネクタル」で蘇生して対処
※回復はドクトルマグスの「エリアヒール」で行う

1ターン目は前から順番に、「防御+アルケミスト2に鬼力化+核熱の術式×3」と行動。
以降は臨機応変に。



★オーバーロード第1形態(レ39、ド34、ア38、ア39、ア39)
※3〜5ターンで倒す
※状態異常技しか使ってこないため、「テリアカβ」で治療しつつ「核熱の術式」を連打しているだけで倒せる

1ターン目は前から順番に、「防御+アルケミスト1に鬼力化+核熱の術式×3」と行動。
以降は臨機応変に。



★オーバーロード第2形態(レ39、ド34、ア38、ア39、ア39)
※ミストが切れる13ターン目終了時までに倒す。14ターン目の「アザーズステップ+核熱の術式」がラストチャンス
※「核熱の術式」を計17発以上当てれば倒せる
※「耐壊ミスト+耐斬ミスト」を維持しながら戦う。5ターン目と9ターン目に再度かけ直す必要があるため忘れずに
※「美しき陽光」でドクトルマグスの頭を縛られてしまった場合は、レンジャーが「ソーマU」or「ソーマV」を使ってリカバリ。ドクトルマグスには「テリアカα」を使用

1ターン目は前から順番に、「耐壊ミスト+耐斬ミスト+核熱の術式×3」と行動。
2ターン目以降は臨機応変に。



【オーバーロード第2形態戦・詳細メモ】
●味方のステータス
レンジャーLv39 HP377 TP96 「スリング+七色の胴衣+硬草の頭飾り+体力の腕輪」
ドクトルマグスLv34 HP292 TP97 「ククリナイフ+七色の胴衣+ブレイブガントレット+体力の腕輪」
アルケミストLv38 HP278 TP206 「深紅の魔杖+七色の胴衣+体力の腕輪+体力の腕輪」
アルケミストLv39 HP287 TP257 同上
アルケミストLv39 HP287 TP257 同上

●所持アイテム
「アムリタ20+テリアカα5+テリアカβ5+ネクタル3+ソーマV1+ソーマU1+ハマオU1+メディカW1+耐壊ミスト3+耐斬ミスト3」

●被ダメ(「耐壊ミスト+耐斬ミスト」使用時)
・「産まれ出づる悩み」 → レンジャー約330ダメ、ドクトルマグス約230ダメ、アルケミスト約250ダメ
・「山行水行」 → レンジャー約260ダメ、ドクトルマグス約220ダメ、アルケミスト約220ダメ
・「美しき陽光」 → レンジャー約290ダメ、ドクトルマグス約220ダメ、アルケミスト約190ダメ
・「凍雨と雨氷」 → 同上
・「雷鳴と我が身」 → 同上

●与ダメ
・アルケミストの「核熱の術式」(消費TP56) → 約490ダメ
・ドクトルマグスの「エリアヒール」(消費TP48) → 全体278回復

●補足
※「HPブースト」は5人全員10振り。「TPブースト」はアルケミスト1が8振りで、アルケミスト2・3が10振り
※装備は簡単に入手できるものしか調達していないため結構貧弱
※「産まれ出づる悩み」が最も脅威。レンジャーが350ダメくらったのを確認したことあり
※レンジャーだけは回復が追いつかない可能性があるため、防御を選択した方が安全な場面もある
※このステータスで挑んだ場合の勝率は約90%。頭縛り&混乱&火力半減に翻弄されまくると勝てないことがある
 


 
8.チャート

かなりの文章量になってしまったのでこちらに移しました。
 


 
9.実際のプレイ

★第1階層
・襲い掛かりが一度も無かったため、「ネクタル」を消費することなく突破することができた。エンカも少なかったので早い
・「キューブゼラチン+マイマイダイオウ」の編成は3ツモ。これは普通の運


★第2階層
・キマイラ狩り前のフォース溜め。1エンカ目が「サイミンフクロウ+ひっかきモグラ3」と少々危険だったため逃走。2エンカ目に「キューブゼラチン+マイマイダイオウ」を引けたのでこれでフォースを溜めることにした
・それ以外の減速要素は特に無し


★第3階層
・6Fでのフォース溜め。ここでエリマキトカゲを含む編成を引く必要があるのだが、4回とも1ツモだったため早い


★第4階層
・「虹色の薄殻」2個は計3戦で入手。これは普通の運
・「水仙人掌」6個は3回目の探索で入手。これはかなり早い
・ハルピュイア戦は1発で状況再現成功



★第5階層
・ジャガーノートはレンジャー乙で撃破。そのため余分にスキュレーを狩りに行く必要が出てきた。ちなみにジャガーノートの行動は、「完全破壊→巨角の一撃(レンジャー乙)→ブン回し(レンジャー乙&ドクトルマグス)」だった。「ネクタル」で蘇生したところを「ブン回し」で落とされてしまったため仕方ない

・スキュレーを狩りに行く際、ドクトルマグスと間違えてパラディンを連れてきてしまったのでリセット。チャートが間違っていた。あとでここのロスをシミュレーションしてみたところ、約55秒のロスだったらしい。ごみである

・オーバーロード第1形態は4ターンで撃破。普通

・オーバーロード第2形態は12ターンで撃破。スキュレーを狩りに行った関係上、レベルが「レン38・ドク36・アル40・アル40・アル39」と全体的に高かったうえ、頭縛りが一度も発生しなかったため比較的楽に倒せた。「産まれ出づる悩み」がアルケミストの中央に飛んできた時は焦ったが、「ソーマV+鬼力化」で打ち消して対処
 


 
10.あとがき

ここまで読んで下さりありがとうございます。
第5階層でのミスが悔やまれますが、それ以外のプレイングや運は良かったと思うので、3時間04分02秒という記録は(この戦略にしては)早い方だと思っています。
ただ、この戦略のまま3時間を切るのは難しいでしょう。もうひとひねりできればいけるかもしれませんが。


さて、これ以上の改善案ですが、今のところは思いついていません。
強いて言うなら第5階層稼ぎ時の炎の魔人狩りカットでしょうか。これはカットしても問題無くクリアできそうではあります。
ただ、ジャガーノート&オーバーロード挑戦Lvが1ずつ下がるので、少なからず安定度は落ちるだろうと思います。
今回はもともとの所持記録が初通し時の3時間28分25秒と緩く、そこまで攻める必要が無かったこともあり安定を取って炎の魔人も狩ることにしましたが、今後記録更新を狙うのであれば選択肢に入ってくる案ではないかと思っています。


ちなみに今回の記録を出すのに要した試行回数は1回でした。
序盤のボス戦勝率が100%、第2階層以降はノーエンカ踏破可能、必要な素材が少ないためドロップ運に泣かされることが少ない、近場なら状況再現も可能・・・。
これだけ揃っているのでまあ納得の結果というか、世界樹2のRTAはかなり安定します。
1つのミスで大きく遅れてしまったり、全滅してしまったりする可能性があることには変わりありませんが、世界樹シリーズの中で最も安定するRTA作品はこの世界樹2だと思います。フォースと核熱が強すぎた。
 


 
11.謝辞・参考文献

世界樹の迷宮2Wiki
・Privespa 世界樹の迷宮U 〜諸王の聖杯〜 攻略
各種攻略情報を参考にさせて頂きました。